頑張りすぎていませんか?責任感の強い人は要注意

我慢せず正しい治療法を受ける

ストレスを過度に感じられたり無理をし過ぎると、体だけではなく心にも影響があるといいます。特にうつ病は発症の原因は一つでないものの、責任感が強い人や何事も頑張りすぎてしまう人に多くみられる傾向があります。自分はまだ頑張れるとか自分が弱いからなど自分を責めてしまいなかなか病院へ行く、ということをせず悪化させてしまうという人もいますが正しい治療法を早期に始めることで、自分自身が楽になったり更なる悪化を防ぐこともできるのです。うつ病ではないかと自分で思ってもそれはあくまでも自己判断であり、正しい診断ではありません。それと同じように治療法も医者の指示に基づき行われる治療とそうでない治療には効果にも違いがあります。

自分自身で正しくない治療法をしない

正しい治療法と正しくない治療法とは具体的にどのようなことなのか、素人には判断がつきにくいものです。医療機関で診察を受けうつ病と診断された場合、薬物療法やその人が負担に感じているストレスなどから距離をとり休息することも大切です。しかし個々の病気の原因や背景を無視したりただ薬を飲むだけというのは正しい治療法とはいえません。また薬を服用しても心身を休めなければならない状態と診断を受けたのに、それを実行せず頑張り続けてしまうことは自分自身が正しくない治療法を行っていることになります。責任感が強い人だからこそ休息をすることを悪と考えがちですがそうではなく、休息することこそ正しい治療法だと理解することが大切です。